サラリーマンの副業LIFE  HOME>サラリーマンの副業基礎知識>サラリーマンの副業と税金
サラリーマンの副業と税金
 サラリーマンとして本業があり、年間の副収入が20万円を超える場合には、自分で確定申告を行い、税金を支払う義務があります。

 それをしないと脱税になってしまします。

 かと言って何も考えず確定申告してしまうと会社に他に収入があることがばれてしまう確立が非常に高いと言えます。

 通常税金は会社から貰っている給料については、会社のほうで諸手続きをしてくれていて、それに基づき毎月の給料から天引きされています。

 しかし、普通に確定申告してしまうと会社からの給料所得と、副業の収入との合計により課税額が決定され、税務署から住民税の通知が会社に届き、当然に前の年と比べ住民税額が上がってしまうため会社にもバレてしまうのです。

 これを防ぐ策として確定申告書中「住民税に関する事項」欄にある「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という項目で「自分で納付(普通徴収)」にチェックすれば、会社に通知されることなく、自宅に副業分だけの住民税額が郵送されてきます。

 後は自分で所定の税額を金融機関等で払い込むだけです。誤って「給与から差引き(特別徴収)」を選択してしまったり、どちらにもチェックを入れなかったりすると、会社に通知が行ってしまうため注意が必要です。

 しかし、それでもなんらかの要因でバレてしまった時のために、身内や友人の仕事を手伝った報酬だとかの言い訳も考えておいたほうがよいでしょう。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO